(IP)H29年秋 問93

仮想移動体通信事業者(MVNO)が行うものとして,適切なものはどれか。

 移動体通信事業者が利用する移動体通信用の周波数の割当てを行う。

 携帯電話やPHSなどの移動体通信網を自社でもち,自社ブランドで通信サービスを提供する。

 他の事業者の移動体通信網を借用して,自社ブランドで通信サービスを提供する。

 他の事業者の移動体通信網を借用して通信サービスを提供する事業者のために,移動体通信網の調達や課金システムの構築,端末の開発支援サービスなどを行う。

解説を読む


正解:ウ

解説:
仮想移動体通信事業者(MVNO)とは移動体通信事業者(MNO)から通信回線を借り受けて電話サービスを提供する事業者のことです。自社回線を持たないことから設備費が少なく料金も一般にMNOに比べ安い事が多いため格安SIM回線などと呼ばれることもあります。

具体的にはMNOは自社回線を持つドコモ、ソフトバンク、auの事であり(2018年現在:将来的には楽天モバイルのMNO化が計画されています)そこから回線を借り受けるMio、Y!モバイル、UQモバイル、楽天モバイルなどがMVNOとなります。

ア.周波数帯の割当ては総務省によって割当てられます。

イ.自社回線網を持つ通信事業者はMNOと呼ばれます。

ウ.MVNOの説明です。上記解説もご参照ください。

エ.仮想移動体サービス提供者(MVNE)の説明です。MVNOの仲介とも呼べるサービスでMVNOへの異業種参入を促進しています。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告