(IP)H30年秋 問75

DBMS において, 一連の処理が全て成功したら処理結果を確定し,途中で失敗したら処理前の状態に戻す特性をもつものはどれか。

 インデックス
 トランザクション
 レプリケーション
 ログ

解説を読む

正解:イ

解説:トランザクションとはデータベースを更新する際などの一連の作業をひとまとまりしたものです。トランザクションを監視することでエラー発生時に処理が完了しているのか未完なのかを把握することが可能になります。

ア.インデックスはデータベースの検索高速化を目的としてデータに目印をつける行為です。

イ.正解です。上記解説もご参照ください。

ウ.レプリケーションとはデータベースの複製を作ることです。元のデータベースとレプリケーションされたデータベースは同期を取ることでホットスタンバイシステムとしてトラブル時に迅速な対応が可能となります。

エ.データベースで使用されるログは更新等の記録ファイルのことです。ジャーナルファイルと呼ばれることもあります。主にハードウェアトラブル時に更新が完了されたものとしてデータベースを復旧するロールフォワードでは更新後ジャーナルを参照し、ソフトウェア(トランザクション)トラブル時に更新前にデータベースを復旧するロールバックでは更新前ジャーナルを参照します。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告