(FE)H30年秋 問38

共通鍵暗号方式の特徴はどれか。

 暗号化通信に使用する場合,鍵を相手と共有する必要があり,事前に平文で送付することが推奨されている。

 暗号化通信をする相手が1人の場合,使用する鍵の個数は公開鍵暗号方式よりも多い。

 同じ程度の暗号強度をもつ鍵長を選んだ場合, 公開鍵暗号方式と比較して,暗号化や復号に必要な時間が短い。

 鍵のペアを生成し,一方の鍵で文書を暗号化すると,他方の鍵でだけ復号することができる。

解説を読む


正解:ウ

解説:
共通鍵暗号方式は送信者と受信者が同じ鍵を用いて暗号化と複号を行う暗号方式の事です。これに対して暗号化する鍵と複号する鍵が異なる1対の鍵を用いる暗号方式を公開鍵暗号方式と呼びます。一般に共通鍵は公開鍵よりも高速に暗号、複合が可能ですが双方が同じ鍵を使うことから鍵の送付等の管理を安全に行う必要があります。

ア.平文で鍵を送付すると盗聴される恐れがあり危険です。

イ.暗号化の相手が一人の場合、鍵の数は1本なので公開鍵より少なくなります。(公開鍵では暗号鍵と複号鍵の2本が必要です。)

ウ.同じ暗号強度であれば共通鍵の方が高速に暗号、複号が可能なので正解です。

エ.公開鍵暗号方式の特徴です。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告