(IP)R3年 問09

不適切な行為a~cのうち、不正競争防止法で規制されているものだけを全て挙げたものはどれか。
a.キャンペーンの応募者の個人情報を、応募者に無断で他の目的のために利用する行為
b.他人のIDとパスワードを不正に入手し,それらを使用してインターネット経由でコンピュータにアクセスする行為
c.不正な利益を得ようとして,他社の商品名や社名に類似したドメイン名を使用する行為

 a

 a,c

 b

 c

解説を読む

正解:エ

解説:

不正競争防止法により禁止されているのは主に以下の行為です。

・デッドコピーの禁止(発売後3年以内)
・営業秘密の保護
・コピープロテクト回避の禁止
・信用の保護(商品名、店名、ドメイン名など)

aは個人情報の無断使用ですので個人情報保護法違反に問われる可能性がありますが不正競争防止法には抵触しません。

bは他人のID、パスワードを使用していることから不正アクセス禁止法違反に問われる可能性がありますが不正競争防止法には抵触しません。

cはドメインを詐称することから不正競争防止法違反となります。

上記より不正競争防止法違反となるのはcのみとなりエが正解です。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告