(IP)H29年秋 問97

次のような認証方式の特徴に関する記述として,適切なものはどれか。

  • 利用者は認証用のマトリクス表における位置,順序情報だけを記憶する。
  • マトリクス表には認証の都度ランダムに数字が割り当てられる。
  • 利用者は記憶した位置に表示されている数値を順にパスワードとして入力する。
  • 正しい位置に表示されている数値の入力が確認できた場合に認証が成功する。

 位置,順序情報は定期的に変更しなくてもよい。

 位置,順序情報は人に教えても安全である。

 盗聴されたパスワード利用によるなりすましの防止に有効である。

 バイオメトリクス認証の一種である。

解説を読む


正解:ウ

解説:

ア.位置情報と順序情報によってパスワードが決定されるので変更した方が安全です。(最近はパスワードの定期的な変更がパターン化されて返って危険なので定期的な変更を勧めない傾向にあります。)

イ.位置情報と順序情報によってパスワードが決定されるので他人に教えると勝手に認証されてしまい危険です。

ウ.パスワードが毎回変わるためなりすまし防止になります。

エ.物(マトリクス表)と知識(位置情報)による認証なのでバイオメトリクス認証(生体認証)ではありません。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告