(IP)H29年秋 問96

次の事例に該当する攻撃はどれか。

〔事例〕
広報担当のA氏宛てに,新聞社を名乗る相手から取材依頼の電子メールが届いた。送信元がフリーメールのアドレスであり,本文にはURLとその参照を促す記載がされていた。A氏は不審に思い,セキュリティ部門に連絡した。セキュリティ部門が調査を行った結果,このURLにアクセスするとウイルスに感染し,PC内部の情報が全てインターネットへ送信されるおそれがあることが判明した。また,同様のメールが各事業部の広報担当者にも届いていた。

 辞書攻撃

 スパムメール

 標的型攻撃

 メール爆弾

解説を読む


正解:ウ

解説:
特定の人物や企業、機関などを狙った攻撃を標的型攻撃と呼びます。

ア.辞書攻撃はパスワードに使われやすい文字列などの組み合わせからパスワードを暴く攻撃です。

イ.スパムメールは迷惑メールの総称です。

ウ.正解です。上記解説もご参照ください。

エ.メール爆弾は容量の大きなメールを送り付けてメールボックスを溢れさせメール受信を妨げる攻撃です。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告