(IP)H29年秋 問100

OSS(Open Source Software)に関する記述のうち,適切なものはどれか。

 高度な品質が必要とされる,医療分野などの業務での利用は禁じられている。

 様々なライセンス形態があり,利用する際には示されたライセンスに従う必要がある。

 ソースコードがインターネット上に公開されてさえいれば,再頒布が禁止されていたとしてもOSSといえる。

 有償で販売してはならない。

解説を読む


正解:イ

解説:
OSS(Open Source Software)は次のような性質を持つソフトウェアです。
・プログラムソース(コード)が公開されている。
・改編の自由が保証されている。
・再配布の自由が保証されている。
・無保証である。
・無償である必要はない。
・著作権は保持されている。

ア.特定分野の使用を禁じるなどの行為は禁止されています。

イ.利用に際してライセンスに従う必要があります。

ウ.ソースコードを公開しただけではOSSとは呼べません。再頒布(再配布)の自由はOSSとして保証されています。

エ.無償である必要はありません。(有償でも良い)

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告