(IP)H30年秋 問72

MDM (Mobile Device Management)の説明として,適切なものはどれか。

 業務に使用するモバイル端末で扱う業務上のデータや文書ファイルなどを統合的に管理すること

 従業員が所有する私物のモバイル端末を,会社の許可を得た上で持ち込み, 業務で活用すること

 犯罪捜査や法的紛争などにおいて, モバイル端末内の削除された通話履歴やファイルなどを復旧させ, 証拠として保全すること

 モバイル端末の状況の監視, リモートロックや遠隔データ削除ができるエージェントソフトの導入などによって,企業システムの管理者による適切な端末管理を実現すること

解説を読む

正解:エ

解説:MDM (Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)はノートPC、タブレット端末、スマーフォンなどの持ち出しが可能なモバイル端末を企業が従業員に貸与する際に企業による適切な管理を行うことです。

ア.モバイル端末に限りませんが、業務上のデータを統合的に管理するにはファイルサーバーの設定とアクセス制限が考えられます。

イ.BYOD (Bring your own device)の説明です。個人の端末を利用することにより操作に慣れているというメリットがありますが、情報管理を企業で行う事が難しく個人所有の端末を業務で使用することを禁止している企業も多くあります。

ウ.デジタルフォレンジック(digital forensics)はコンピュータ犯罪における犯罪証拠を集めることやその手段のことです。

エ.正解です。上記解説もご参照ください。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告