(IP)H30年秋 問73

データベースにおける外部キーに関する記述のうち,適切なものはどれか。

 外部キーがもつ特性を,一意性制約という。
 外部キーを設定したフィールドには,重複する値を設定することはできない。
 一つの表に複数の外部キーを設定することはできない。
 複数のフィールドを,まとめて一つの外部キーとして設定することができる。

解説を読む

正解:エ

解説:RDB(関係データベス)における外部キーは他表で主キーとなる項目とデータを関係付ける(リレーション)する項目のことで、主キーのある表の値が確定しなければ、設定をすることができない参照制約があります。

ア.一意性制約(ユニーク制約)はデータの重複を許さないという制約ですが、主キーに行う制約であり外部キーには適用されません。

イ.外部キーでは同じ値を設定することが可能です。重複を許さない設定を一意性制約(ユニーク制約)と呼び主キーの制約として行います。

ウ.外部キーは1つの表で複数設定することができます。

エ.主キー、外部キー共に複数フィールドをまとめて1つのキーとして扱うことができます。主キーの場合は特に「複合キー」と呼ばれます。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告