(IP)R1年秋 問47

\(\)
ソフトウェアの品質を判定する指標として、機能単位の不良件数をその開発規模で割った値を“不良密度”と定義する。不良密度の下限値と上限値を設定し、実績値がその範囲を逸脱した場合に問題ありと判定するとき、A工程では問題がなく、B工程で問題があると判定される機能はどれか。ここで、不良密度の下限値は0.25件/KS、上限値は0.65件/KSとする。また、不良密度の下限値、上限値及び開発規模は、両工程とも同じとする。

機能開発規模(KS)A工程の不良件数(件)B工程の不良件数(件)
機能11063
機能2201410
機能3501040
機能480328

解説を読む

正解:エ

解説:

ア.機能1
\begin{align*}
&A工程の不良密度=6\div10\\
&=0.6\\
&下限値0.25<0.6(正常範囲)\\
&上限値0.65>0.6(正常範囲)\\
\end{align*}問題なし
\begin{align*}
&A工程の不良密度=3\div10\\
&=0.3\\
&下限値0.25<0.3(正常範囲)\\
&上限値0.65>0.3(正常範囲)\\
\end{align*}問題なし
イ.機能2
\begin{align*}
&A工程の不良密度=14\div20\\
&=0.7\\
&下限値0.25<0.7(正常範囲)\\
&上限値0.65<0.7(異常)\\
\end{align*}問題あり
\begin{align*}
&B工程の不良密度=10\div20\\
&=0.2\\
&下限値0.25>0.2(異常)\\
&上限値0.65<0.7(正常範囲)\\
\end{align*}問題あり
ウ.機能3
\begin{align*}
&A工程の不良密度=10\div50\\
&=0.2\\
&下限値0.25>0.2(異常)\\
&上限値0.65>0.2(正常範囲)\\
\end{align*}問題あり
\begin{align*}
&B工程の不良密度=40\div50\\
&=0.8\\
&下限値0.25>0.8(正常範囲)\\
&上限値0.65<0.8(異常)\\
\end{align*}問題あり
エ.機能4
\begin{align*}
&A工程の不良密度=32\div80\\
&=0.4\\
&下限値0.25<0.4(正常範囲)\\
&上限値0.65>0.4(正常範囲)\\
\end{align*}問題なし
\begin{align*}
&A工程の不良密度=8\div80\\
&=0.1\\
&下限値0.25>0.1(異常)\\
&上限値0.65>0.1(正常範囲)\\
\end{align*}問題あり

上記の計算結果となりA工程で問題がなく、B工程で問題があるエが正解です。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告