(IP)H30年春 問100

仮想的に二つの ESSID をもつ無線 LAN アクセスポイントを使用して, PC, タブレット, ゲーム機などの機器をインターネットに接続している。それぞれの ESSID を 次の設定で使用する場合, WEP の暗号化方式の脆弱性によって,外部から無線 LAN に不正アクセスされたときに発生しやすい被害はどれか。

ESSID1ESSID2
設定暗号化方式WPA2WEP
暗号化キーESSID2のものとは異なる
キー
ESSID1のものとは異なる
キー
通信制限なし接続した機器から管理画面
とLAN内の他の機器への
通信は拒否
使用方法PC,タブレットを接続ゲーム機だけを接続

 ESSID1に設定した暗号化キーが漏えいする。

 PC からインターネットへの通信内容が漏えいする。

 インターネット接続回線を不正利用される。

 タブレットに不正アクセスされる。

解説を読む


正解:ウ

解説:
WEPは無線LANの暗号化方式のひとつですが脆弱性が指摘されており、現在では可能な限り利用しない事が推奨されています。WEPを利用した暗号化は既に暗号化としての意味を持たないと考えて良いでしょう。

ア.ESSID1はWEP2により暗号化されているのでキーが漏洩することはありません。

イ.PCはESSID1で運用されているのでWEP2の暗号化により安全です。

ウ.正解です。ESSID2を経由してインターネットに接続される可能性があります。

エ.タブレットはESSID1で運用されているのでWEP2の暗号化により安全です。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告