(IP)R1年秋 問49


アジャイル開発の特徴として、適切なものはどれか。

 各工程間の情報はドキュメントによって引き継がれるので、開発全体の進捗が把握しやすい。

 各工程でプロトタイピングを実施するので、潜在している問題や要求を見つけ出すことができる。

 段階的に開発を進めるので、最後の工程で不具合が発生すると、遡って修正が発生し、手戻り作業が多くなる。

 ドキュメントの作成よりもソフトウェアの作成を優先し、変化する顧客の要望を素早く取り入れることができる。

解説を読む

正解:エ

解説:
アジャイル開発は迅速にシステム開発を行う手法の総称で代表的な技法としてXP(エクストリーム・プログラミング)などがあります。計画よりも柔軟な開発を重視する開発手法で顧客の要望を取り入れやすい特徴を持ちます。

ア.ウォーターフォールモデルの特徴です。

イ.プロトタイピングモデルの特徴です。

ウ.ウォーターフォールモデルの特徴です。

エ.正解です。上記解説もご参照ください。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告