(FE)H30年秋 問36

アプリケーションソフトウェアにディジタル署名を施す目的はどれか。

 アプリケーションソフトウェアの改ざんを利用者が検知できるようにする。

 アプリケーションソフトウェアの使用を特定の利用者に制限する。

 アプリケーションソフトウェアの著作権が作成者にあることを証明する。

 アプリケーションソフトウェアの利用者による修正や改変を不可能にする。

解説を読む


正解:ア

解説:
デジタル署名はハッシュ関数と公開鍵暗号の技術を利用して「本人確認(なりすまし防止)」と「改ざんの有無」を検知する仕組みです。

ア.正解です。上記解説もご参照ください。

イ.特定の利用者に限定するにはアクセス制限もしくはアクティベーションなどの認証機能を利用します。

ウ.証明をしなくとも著作権は特段の取り決めがない限り作成者が保持しますが、作成者である証明のために著作権をアプリケーション内で明示したり、ソースコードに埋め込む場合などがあります。

エ.利用者による修正、改変をさせないようにするには編集機能のロックや暗号化などが考えられます。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告