(FE)H30年春 問26

AR(Augmented Reality)の説明として,最も適切なものはどれか。

 過去に録画された映像を視聴することによって,その時代のその場所にいたかのような感覚が得られる。

 実際に目の前にある現実の映像の一部にコンピュータを使って仮想の情報を付加することによって,拡張された現実の環境が体感できる。

 人にとって自然な3次元の仮想空間を構成し,自分の動作に合わせて仮想空間も変化することによって,その場所にいるかのような感覚が得られる。

 ヘッドマウントディスプレイなどの機器を利用し人の五感に働きかけることによって,実際には存在しない場所や世界を,あたかも現実のように体感できる。

解説を読む


正解:イ

解説:
AR(Augmented Reality:拡張現実)は実際の風景などを映し出した画面にCGで画像をリアルタイムに合成する技術です。ゲームのポケモンGOやGoogleの翻訳機能などに実装されています。

ア.過去の映像を視聴しただけでその場所にいたような感覚を得るのは想像力によるもので技術的な要素はないと思われます。

イ.正解です。上記解説もご参照ください。

ウ.SR(Substitutional Reality:代替現実)の説明です。

エ.VR(Virtual Reality:仮想現実)の説明です。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告