(FE)H29年秋 午前 問26

クライアントサーバシステムにおいて,利用頻度が高い命令群をあらかじめサーバ上の DBMS に格納しておくことによって,クライアントサーバ間のネットワーク負荷を軽減する仕組みはどれか。

 2相コミットメント

 グループコミットメント

 サーバプロセスのマルチスレッド化

 ストアドプロシージャ

解説を読む


正解:エ

解説:
ストアドプロシージャを使うことによりまとまった命令群を直接呼び出すことが可能になります。このことによりネットワーク負荷の軽減や処理時間の削減に繋がります。

ア.2相コミットメントは複数のデータベースを更新する際に障害が発生してもデータベース全体の整合性を保つための仕組みです。

イ.グループコミットメントは3層クライアントサーバシステムなどでネットワーク上で複数の同じ処理が発生した際にまとめて実行することで負荷を減らす方法です。

ウ.サーバプロセスのマルチスレッド化はひとつの処理(プロセス)を分割して並行処理することで速度向上する仕組みです。

エ.正解です。上記解説をご参照ください。

解説を閉じる

スポンサーリンク
広告

フォローする

スポンサーリンク
広告